fruits

国内への発信の強化

海外で高い評価を受けながらも国内では知名度が低いというものが日本には多くあります。日本の古い建造物や芸術などで頻繁に見られることです。日本のものを国内から海外に発信するのではなく、日本のものの良さを海外から教えてもらうというパターンがあるんです。それは決して褒めらたことではありません。やはり、国内の素晴らしいもには、まずは日本人が気づくことが大事でしょう。それは、甲州ワインも例外ではありません。甲州ワインとは、山梨のぶどうで生産された国産のワインです。甲州ワインの品質は非常に高く、海外でも評価されているんです。ですが、肝心の日本ではそこまで多く流通をしていません。
甲州ワインの流通が日本国内で伸び悩んでいる理由は、味と日本人の食習慣にあります。甲州ワインは海外のワインと比較すると、酸味が抑えられています。海外のワインを飲むときは、フレンチやイタリアンなどの味の濃いものを食べるときです。口直しの意味も込めて飲むことが多いんです。甲州ワインは、酸味が弱いため、薄味の和食に良く合います。ですが、日本人は和食とワインを合わせるという習慣はありません。ですから、なかなか甲州ワインを飲む機会がないんです。
甲州ワインの国内流通量が伸びない理由は以上のようなことが考えられます。ですから、甲州ワインの流通を伸ばすためには、新たな食習慣の提案から始める必要があるでしょう。今後は国内から国内への発信を心がけていくことが大事です。