fruits

国内で魅力を伝える

山梨といえばフルーツの名産地として知られています。その中でもぶどうは味、品質共に世界に誇れるほどです。そんな山梨の名産であるぶどうで作られているのが甲州ワインです。多くの方は、国産のワインと聞いてもなかなかピンとこないでしょう。日本国内で消費されているワインの多くは海外のものです。フランス産、チリ産、イタリア産、オーストラリア産のワインが主に流通しています。ワインを頻繁に飲むという人であっても、なかなか国産のワインには手を出さないのではないでしょうか。ですが、国産のワインは非常に品質が高いんです。
国産ワインの代表格である甲州ワインは、海外で非常に高い評価を受けています。ワインの品評会での受賞歴もあるほどなんです。それだけ、品質の高いものでありながら甲州ワインの知名度は国内では高くありません。それには、いくつかの理由が考えられます。
一つ目の理由はやはりイメージでしょう。日本人にとってワインは海外のお酒というイメージがあるんです。ですから、国産のワインである甲州ワインを最初から敬遠してしまう人が多いんです。それもあって、甲州ワインを置いている飲食店も少ないんです。
二つ目の理由はプロモーションの問題です。甲州ワインを始め、国内のワインは海外への発信には力を入れています。ですが、国内での発信は少し弱いと言えるでしょう。国産のワインの存在すら知らない人も多くいるんです。
甲州ワインは山梨の品質の高いぶどうで作られた品質の高いものです。国内の流通を増やすためにも、積極的に飲んで下さい。